東京オリンピックで英語が必要な仕事と子供の関係性についてまとめます

Pocket

東京オリンピックで英語が必要な仕事と子供の関係性についてまとめます

 

アオイです^ー^

 

 

◯東京オリンピックで子供と英語の関係性

◯必要となってくる仕事の詳細

◯実際に英会話が必要な職業で安定的な収入を、、、

 

 

という、今からでは、実際に関係ないのでは?
と思ってしまいがちな内容ですが、実は関係があるんです。

仕事から見る、子供が目指すべき仕事内容。

と言うものが見えてくるので、実際に、お子さまに、
英会話環境を、整える意味だったり、どうしたら良いのかが、
見えてくる内容となっています。

 

 
 
実際に、英会話教育をする上で、目的意識を持つことはとっても大切です。なぜなら、英会話ができたとしても、それを、どうやって有効活用するのかが意識しておいたほうが良いと思うんですね。なので、今回の内容を、参考にしていただいて、お子さまの英会話環境を整える意味について、今一度考えるきっかけになってもらえればと思います^ー^

東京オリンピックで英語が必要になる仕事とは?

東京オリンピックで英語が必要な仕事と子供の関係性についてまとめます

 

では、ここで、東京オリンピックに関わる、
英会話が必要になる仕事について、まとめていきたいと思います。
日本において、実際に、東京オリンピックのような、
大きな催事事があると、そこで、作られた仕事、役立った仕事っていうのは、
日本で、長く高収入を得れる仕事となることが多いんです。

 

例えば、日本で、有名な大きな催事ごとって言うと、
大阪万博がいちばん有名なところだと思います。
万博で生まれた、新しいサービスというのは、大きく発展しています。

 

 

◯ファーストフード

◯ファミリーレストラン

◯ワイヤレス・フォーン(携帯電話)

 

 

こういった、新たに生まれた、仕事、サービスって、
今では大きく発展していますよね?というか、
高給取りになっている事が多いんですよね。

これは、オリンピックでも同様です。
仕事が新たに生まれたり、既存の仕事が、より需要が高くなります。
これから、日本国内であっても、英会話を活用した仕事を目指すというか。
知っておくだけでも、将来に役立つ仕事が見つかるかもしれません。

では、東京オリンピックで、需要が増す。
新たに、生まれる仕事って何なのかというと、次の内容です。

東京オリンピックで生まれる職業と、子供の将来像とは?

東京オリンピックで英語が必要な仕事と子供の関係性についてまとめます

 

英会話で、職業を得るということは、
本当に素晴らしいことですし、将来子供が困らないためにも、
親から、きっかけを作るということも、今後大切になってきます。
ですから、今回の内容を通じて、お子さまにとって、最善の環境って、
何なんだろうと、今一度考えて見るもの良いと思っています。

 

では、下記から東京オリンピックで生まれる職業。
そして、需要が増していく職業についてまとめていきます。

1,翻訳・通訳業

これは、需要が増す職業の一つですね。
実際に翻訳業は、今でも需要がありますし、
今後ますます需要が高まる職業の一つです。

これは、小さなときから、経験を積んで、
英会話に親しんできた方が、就ける職業の一つでもあります。

ですから、翻訳業を必ず目指すではなくって、
選択肢の幅を広げるために、必要な仕事の知識だといえますね^ー^

2,土木建築業

今の日本は、基本的に、日本国内の仕事がメインですが、
外国人が、たくさん日本に来ていますよね?観光目当ての人も、
ビジネス目当ての人も、様々な方が、日本に来ます。

その中で、土木建築業は、これから、海外に進出していく
企業がたくさん生まれていきます。

そういった中で、英会話という力は、企業の力になり、
役立つ人材ということで、重宝される時代がやってきています。

英会話の、需要が増す、職業の一つといえますね^ー^

3,観光ガイドボランティアやガイドのプロ

これは、観光地を案内するだけではなく、
登山だったり、町中の、道案内だったり、
海外の
旅行者がスムーズに日本を楽しむための、キーマンですね。

ボランティアで、行っている方もいますが、これは、
ビジネスとしても成り立つことが予測できるので、これから、
発展する可能性を秘めていますし、実際に、活用できる可能性があります。

4,システムエンジニア 開発に関する職業

今、スマホの普及により、エンジニアの需要がものすごく
上がってきています、それと同時に、英会話ができる人材。

これが、非常に求められてきています。
英会話ができるエンジニアは、世界的にも重宝されますし、
実際に、開発に関わる人間自体も、英会話ができて当たり前。

という状況になっていくといえます。

5,編集業

最近では、ユーチューブの普及によって、
動画の編集だったり、外国語を、翻訳した配信内容を、
当たり前に、できる人間が、出てきています。

こういった人材は、日本にはまだまだ、少ないですし。
これからますます、需要は上がっていきます。

 

 

このように、職業を見ているだけでも、
子供を育てる環境と、学べる環境整備。
というのは、小さなときから、親が環境整備する必要があります。

こうすることによって、子供の潜在意識の中に、
英会話を好きになるきっかけが生まれていく。
勝手に、目的意識を持って、育っていく。

 

という状況を、作り出すことができるようになっていきます。
今からでも、東京オリンピックの動向を見て、どうやって、
環境整備をスレば良いのか、考えてみるのも良いかもしれませんね^ー^

では、今回は以上となります。
アオイでした^ー^

kizi

英会話教室&環境ランキング

 ペッピーキッズクラブ教室見学

 

ranking01

ペッピーキッズクラブは、費用面、教材費で、酷評されることがありますが、私の場合は視点が違います。どの英会話環境でも、それなりに費用がかかるものです。だったら、様々な英会話教室を見学した方がいいことを、レビュー内容で理解できます。

レビュー詳細

 

 セブンプラスバイリンガル

 

ranking02

この内容は、教材についてですが、実は、教室と同じくらいの費用をかけることで、得られるメリットが存在する。ということを、確認できる教材になっています。

レビュー詳細

 
 セイハ英語学院

ranking02

セイハ英語学院は、CMでも、有名なアレ(笑)が私のツボです^^ 基本的には、他の教材や教室と、変わりない状況ですが、基本的な視点は、多くの場合、共通点があります。それらの内容を確認できるレビューを下のボタンから、確認できます。

レビュー詳細

ランキングサイト

コメントを残す