東京オリンピックに英語で参加?選手だけじゃなく子供も参加する秘策

Pocket

東京オリンピックに英語で参加?選手が楽しむだけが醍醐味じゃない!

 

 

アオイです^ー^

 

 

◯東京オリンピック、見るだけで十分だわ

◯実際に東京オリンピックなんて興味がない

◯オリンピックで楽しむのはどうせ地元民と選手が主体

 

 

日本において、東京五輪が決定する前段階では、
興味が無いという方は、非常に多かったそうですね^^;

しかも、参加する方は、基本的に選手と、高いチケットを購入できた人だけ。
そういった方以外は、テレビで見る体験しかできない状況だ。

一般庶民には、何ら関係ない話だ、、、。
と思ってしまいがちですよね?でも、
私はそうは思っていないんですよね^^;
理由としては、下記のポイントがあります。

 

 
 
東京五輪の楽しみ方は、1つだけじゃない!ということです。子供にいい経験をさせる意味では、東京五輪を有効活用する方法。があるんですよね。この方法を知らないからこそ、日本人は、◯◯だ、、、と言われてしまう原因があるんですよね。今回の内容を通じて、日本人は◯◯だ、、、と言わせない、状況を作り出してくださいね!^ー^

東京オリンピックに英語で参加する方法はあるの?

東京オリンピックに英語で参加?選手が楽しむだけが醍醐味じゃない!

 

これについてですが、結論を先に行ってしまえば、
あるんですよね!
と言うか、この方法を知らないからこそ、
日本人は、下記のように言われることが多いんです。

 

 

 

「日本人は、英語を机の上で学ぶものだと思っている」

 

 

 

つまり、英会話において、もっとも重要なポイントというのは、
インプットも大切なんですが、アウトプットが最も大切です。

実際に、アウトプットの機会が、少ないからこそ、
座学でしか、英語を知らない状況で、実践に弱いと言われています。
このように言われるのって、日本人として悔しくないですか?(笑)

 

 

東京オリンピックに英語で参加?選手だけがオリンピック参加する方法じゃない!

 

 

 

日本の英会話教育では、実際に、英語を学ぶ際、
日本人は、どういった学び方をしますか?

 

 

 

「まずは、座学で、文法などを徹底的にやる」

 

 

 

という状況の方が多いと思います。
しかし、日本人の場合は、アウトプットを意図的に行わない方がほとんどです。
ですから、文法はわかっても、話せないという方がたくさんいるのです。

だからこそ、私は東京オリンピックを有効活用する
ということが、今の子供達には必要なことだと思っているんですよね!

じゃあ、その方法について、少しだけまとめていきたいと思います。

選手だけがオリンピックに参加するんじゃない!

例えば、先日、求人広告を見ていたら、
下記のような求人がありました。

 

 

東京オリンピックに英語で参加?選手が楽しむだけが醍醐味じゃない!

 

 

これ、おそらく通訳かなんかの仕事ですね。
そして、スポーツのマーケティングですから、企業と企業を
結ぶ役割だったり、とにかく英語力を使う仕事でしょう。

この仕事は、給料は安いものの、世界の方と関われる、
いい経験になることは、間違いないですよね?

 

 

 

この求人を、子供にも応用するのです

 

 

 

え?何言っちゃってるの?
よくわかんない!という声が聞こえてきそうですが、
簡単です。答えは、下記の内容です。

 

 

先日、あるテレビ番組で、観光地に訪れた外国人に対して、
小学生の、男児がボランティアで、観光案内役を買って出ている状況。

この内容を、テレビで放映していたんです。

 

つまり、東京オリンピックは、外国人が多く
東京に足を運びます。さらには、会場なども、
東京にとどまることを知らず、千葉や静岡の方まで、
足を伸ばす方もいるでしょう。

 

 

 

観光案内を、子供と一緒にやってみる

 

 

 

このというか、行動を参考にして、
とにかくアウトプットの機会を増やす、経験する
ということを、やってみることで、下記のようなことが実現できる可能性が広がります。

 

 

東京オリンピックに英語で参加?選手が楽しむだけが醍醐味じゃない!

「国際的な仕事を将来目指すかもしれない」

 

 

子供というのは、自分の経験したことの中から、
将来の仕事を、選ぶことが多いですし、実際に見て、
憧れて、目指すことも多いんです。

 

だからこそ、チャンスが有れば、親子でチャレンジする。
しかも、一緒に経験しますから、子供が将来、目指したい職業を
親に伝えた時「おぉ、なっとく~」って感じで、
全力で応援できますよね!

 

 

「親は常に、子供の応援役」

「きっかけを与えるために、親が存在する」

「あとは、本人の感受性を信じて成長を待つべし」

 

 

ということは、鉄則ですね!^ー^

kizi

英会話教室&環境ランキング

 ペッピーキッズクラブ教室見学

 

ranking01

ペッピーキッズクラブは、費用面、教材費で、酷評されることがありますが、私の場合は視点が違います。どの英会話環境でも、それなりに費用がかかるものです。だったら、様々な英会話教室を見学した方がいいことを、レビュー内容で理解できます。

レビュー詳細

 

 セブンプラスバイリンガル

 

ranking02

この内容は、教材についてですが、実は、教室と同じくらいの費用をかけることで、得られるメリットが存在する。ということを、確認できる教材になっています。

レビュー詳細

 
 セイハ英語学院

ranking02

セイハ英語学院は、CMでも、有名なアレ(笑)が私のツボです^^ 基本的には、他の教材や教室と、変わりない状況ですが、基本的な視点は、多くの場合、共通点があります。それらの内容を確認できるレビューを下のボタンから、確認できます。

レビュー詳細

ランキングサイト

コメントを残す