【必見】バイリンガルの子育てで失敗した経験を基に語ってくれた知人の話

Pocket

【必見】バイリンガルの子育てで失敗した経験を基に語ってくれた知人の話

 

アオイです^ー^

 

 

◯バイリンガル子育ては失敗する?

◯どうしたら、うまくいく?そのポイントは?

◯どういった仕組みを家族内で作り出せばいいのか

 

 

などなど、疑問を持つことがあると思います。
実際に、バイリンガルになるためにはどうしたら良いの?
という疑問を解消するために、今回は失敗談を参考にしていただきたいと思います。

今回の内容は、私の知人にも協力して頂き、詳細まで理解できる内容となっていますので、参考にしていただければ幸いです。

 

 
 
バイリンガルで失敗しないためのポイントについて、書かれている内容が非常に多いですが、私の生地の特徴としては、実際の失敗経験を参考にできるというポイントがあります。そこから、あなたの家庭に落とし込み、どういった判断をしたらいいのか。について、詳細まで判断できるような記事を準備させて頂きました^ー^ 参考にしていただければ幸いです。

バイリンガルの子育てで失敗した経験

【必見】バイリンガルの子育てで失敗した経験を基に語ってくれた知人の話

 

私の知人には、日本人とアメリカ人の子どもを持つ方がいます。

その方の、お子さんは、基本的に日本語しか話せません。
それが悪いことかというと、そうではなくって、
その知人の方は、嘆いていたんです。

 

 

 

◯本当はバイリンガルに育てたかった

 

 

 

と、、、。
実際そうですよね。
バイリンガルに育てることは、
国際結婚であればあるほど可能性が広がりますから。

でも、疑問に思いませんか?

 

 

 

【必見】バイリンガルの子育てで失敗した経験を基に語ってくれた知人の話

“なぜ、英語教育に失敗してしまったのか”

 

 

 

その友人いわく、理由は様々あるようですが、
基本的に、大きなポイントを、見逃してしまった。
ということでした。

そのポイントとは何なのか。
詳細をまとめると、3つのポイントが見えてきました。

 

 

 

日本語と英語のバランスを考えなかった

英語教育に専念するあまり、集中力がなくなった

他人と比較して、日本語を離せなくなる恐れがあった

 

 

 

特に、最後の項目が一番重要だったと言っていましたね。
詳細は次の項目でまとめていきますが、子どもにとって、親の判断というのは、ものすごく重要な役割だ。ということを、学ぶことができます。

では、それらの詳細って、どんなポイントがあったんでしょうか。

詳細を下記からまとめていきます。
流れとしては、失敗ポイントから、
“日本人家庭の場合”と”国際結婚家庭の場合”
における対処法について、まとめていきます。

では、次の項目をご覧ください。

バイリンガルに失敗した特徴と注意点

【必見】バイリンガルの子育てで失敗した経験を基に語ってくれた知人の話

 

では、さっそく詳細をまとめていきたいと思うのですが、
国際結婚であっても、日本人の家庭であっても、
基本的に、参考になる共通点がありますから、
参考にしていただければと思います^ー^

 

では、詳細に行きます。

失敗事例から学ぶバイリンガル失敗事例の特徴的部分

先程の知人の体験談には、
3つの失敗ポイントが有りました。
実際に整理していくと、下記のような感じになります。

日本語と英語のバランスを考えすぎる

【必見】バイリンガルの子育てで失敗した経験を基に語ってくれた知人の話

 

これは、国際結婚家庭であればあるほど、
日本語と英語のバランスを考えすぎてしまう
という傾向があるようです。

 

特に、英会話を学び始めると、
子殿も脳の中では、一種の混乱が起きます。
たとえば、こうです。

 

 

 

◯どうして周りは、日本語だけなのに、、、自分だけ、、、

◯日本語と英語を度のタイミングで使えばいいかわからない

◯日本語の発達が遅れる可能性がある

 

 

 

こういったことを、よく言われることがあるんですが、
やっぱり、心配になる方が多いんですよね。
日本語を、本当に話せるようになるのかしら、、、

という感じでですね。
親も混乱してしまうわけです。

遊ぶ時間の環境を整備していない

【必見】バイリンガルの子育てで失敗した経験を基に語ってくれた知人の話

 

知人の場合、バイリンガルに育てよう!
ということを、厳守するあまり、英語の時間を、
ものすごい取っていたんですね。

 

私の場合は、子どもも遊びたい年頃には、
外で、4時間から6時間程度、一緒に遊んでいましたから、
実際に、遊ぶ時間というのも大切だということです。

 

ですが、知人の場合は、学ぶ時間を優先して、
本当は、毎日遊んだほうがいいのを知りつつも、
家庭で、学習ばかりに時間を割いていた。

 

時間にして、週に3回程度、2時間ほど
基本だったそうです。ここで、参考になるのは、
遊ぶ時間をいかに、設けるかどうか。

 

さらに、大人もいかに一緒に遊びながら、
学ぶことができるか。という点が参考になりますね。

他人と比較して”我が子がかわいそう”と思ってしまう

【必見】バイリンガルの子育てで失敗した経験を基に語ってくれた知人の話

 

先程から、まとめていますが、
やっぱり心配になりますよね。
日本語が話せない。となっては子どもがかわいそう。

確かにそう思って当然です。
ただ、対応の仕方を間違ってしまっては
せっかく英会話を学んでも意味がありません。

 

 

◯他人と比較して、自分の子が混乱している状況

 

 

これが、かわいそうだと思ってしまっては、
バイリンガルに育てることができません。

実際に、最近では、早期英語教育が
重要視されていますから、これからのために、
どう対処していけばいいのかという部分を、
最後にまとめていきたいと思います。

早期英語教育の重要性とこれからの発展

【必見】バイリンガルの子育てで失敗した経験を基に語ってくれた知人の話

 

バイリンガル教育をする上で、
東京オリンピックというのは、
非常に良いタイミングだといえます。

さらに、昨今、早期英語教育として、
小学校段階から、英語教育を取り入れていく動きがあります。
ですから、バイリンガル教育というのは、
将来と~っても役立つことなんです。

 

 

 

私としては、バイリンガル推進派

早期英語教育はやっておいたほうがいい

 

 

 

とは思っていますが、
バイリンガル教育における、重要な部分
これを、忘れてはいけないことを、最後にまとめていきます。

 

基本的には、
◯国際結婚家庭と、日本人家庭
それぞれの対処法を纏めていきます。

参考にしていただければ幸いです。
ポイントとなるのは、下記の内容です。

 

 

“なにごとも、バランスと考え方を貫くこと”

 

 

これが、非常に大切となってきますので。
ぜひ、参考にしてくださいね^ー^

国際結婚課程の場合

【必見】バイリンガルの子育てで失敗した経験を基に語ってくれた知人の話

 

旦那様、奥様どちらかが、海外の方である。
そういった場合に、どのように対処していけばいいのか。
というのは、3つのポイントがあります。

 

 

過保護にしすぎない

遊びの中でも英語を混ぜる

他人と比較しない

 

 

今の日本で、国際結婚は以前よりも増えてきている
という背景があります。いちばん重要な部分は、
他人と比較しないこと。

これが、いちばん大切です。
なぜなら、他人と比較しても、
どうしようもないことだからです。

 

私も、ブログを運営している人間ですが、
実際、周りでブログを運営している人なんてほぼいません。
というか、会社員の家庭の方が多いので、
ブログ?なにそれ?どうやってやるの?

 

みたいな人ばかりですから、
特に友人の前なんかでは、ブログの話は一切しません^^;

考え方はそれと一緒です。
実際に、国際結婚が増えてきたとしても、
まだまだ、同じような家庭が増えてきているわけではありません。

だからこそ、他人と違う。ということは、
マイナス要素ではなく、プラス要素に考えるようにすること。

 

 

 

◯脳が混乱してしまう状況

 

 

 

これが、来るということを、
事前にわかっていれば、問題ありませんから、
親御さん自身が、真を貫くことが大切。
ということを、忘れずに考えておくといいかと思います。

 

次に、日本人家庭です。

日本人家庭におけるバイリンガル教育の注意点

【必見】バイリンガルの子育てで失敗した経験を基に語ってくれた知人の話

 

先程からまとめてきましたが、
基本的に、日本人家庭で育つと、日本語英語
なる要素が十分にあります。

 

親御さん自身が、英語を話せる場合を省き、
どうしても、日本語英語になりやすい傾向です。

 

これは、どう考えても普通に起こりうることなんですよね。
教室や、スカイプでも、さらに、ネイティブの先生に
習っていたとしても、取り巻く環境が、日本語中心と
なることが、多いからです。

 

なので、日本人家庭の場合ポイントは3つです。

 

 

英語教材と教室は必須条件

他の家庭と比較しない

できれば1ヶ月に1回はネイティブ講師と触れ合う

 

 

この内容は、先程の国際結婚家庭と、
共通している部分があります。

 

 

 

【必見】バイリンガルの子育てで失敗した経験を基に語ってくれた知人の話

そうです。他人と比較しないこと

 

 

 

つまり、各家庭には、それぞれの価値観があります。
ですから、他人の口コミや、他人の意見に流されないことです。
自分の場合は、こうしていきたいから、こうする。
こういった、一種の真を持つことがとても大切なんですよね。

だからこそ、日本人家庭でも、
国際結婚家庭でも、私は、下記のようにアドバイス
させていただくことがあります。

 

 

 

1,まずは、子どもを信じてあげること

2,次に、教室見学をできる限り多くの教室を見学する

3,親子で本当に楽しめるか、自分の目で確かめに行く

 

 

 

これらの段階を踏むことで、
実際に子どもにとって、最善の判断ができた。
ということを、いい切れるようになります。

 

他人の意見主体で動くのではなく、
自分の目で、情報の信憑性を確かめることが
と~っても大事ってことですね!

 

私は、オススメしている教室一覧などを、
まとめているので、
ぜひ、そちらの内容も
参考にしていただければ幸いです。

それでは!アオイでした^ー^

kizi

英会話教室&環境ランキング

 ペッピーキッズクラブ教室見学

 

ranking01

ペッピーキッズクラブは、費用面、教材費で、酷評されることがありますが、私の場合は視点が違います。どの英会話環境でも、それなりに費用がかかるものです。だったら、様々な英会話教室を見学した方がいいことを、レビュー内容で理解できます。

レビュー詳細

 

 セブンプラスバイリンガル

 

ranking02

この内容は、教材についてですが、実は、教室と同じくらいの費用をかけることで、得られるメリットが存在する。ということを、確認できる教材になっています。

レビュー詳細

 
 セイハ英語学院

ranking02

セイハ英語学院は、CMでも、有名なアレ(笑)が私のツボです^^ 基本的には、他の教材や教室と、変わりない状況ですが、基本的な視点は、多くの場合、共通点があります。それらの内容を確認できるレビューを下のボタンから、確認できます。

レビュー詳細

ランキングサイト

コメントを残す