ヤマハ英語教室とeccジュニアで迷う?判断基準と正しい英会話教室選び

Pocket

ヤマハ英語教室とeccジュニアで迷う?判断基準と正しい英会話教室選び

 

アオイです^ー^

 

 

◯ヤマハとECCジュニアの違いは?

◯費用対効果はどこが一番いいの?

◯大きな違いと費用面で得をする方法が知りたい

 

 

やっぱり、英会話教室選びをする上で、最も大切なものは、“費用面で損をしたくない!”そういった想いになることが多い状況かと思います。

そんな時に役立つ情報として、
「費用面でどういったメリット・デメリットがあるのか」
という部分に着目していきます。

 

 
 
実際に費用面で、お得といいますか、せっかくお金を出して学ぶなら、効果的で、お得に済ませたいそういった思いを実現できる場所。そして、高額と言われる、教室、教材費をお得にできる可能性を広げる方法まで、まとめていきたいと思います。

ヤマハ英語教室とeccジュニアで迷う?

ヤマハ英語教室とeccジュニアで迷う?判断基準と正しい英会話教室選び

 

ヤマハ英語教室と、ECCジュニアでは、教室比較として、
どっちを選んだらいいか?と、判断できない状況。
になる方が、いるんですが、大切な部分としては、下記のポイントがありますよね。

 

 

費用面

内容

年齢別

 

 

これらのポイントごとに、
まずは、それぞれの教室の特徴をまとめていきたいと思います。
その上で、どういった判断基準を持てばいいのか。

それぞれ整理していきます。

ヤマハ英語教室の詳細とサービス内容や料金は?

ヤマハ英語教室とeccジュニアで迷う?判断基準と正しい英会話教室選び

 

まず、ヤマハ英語教室の特徴的部分としては、
下記の内容があります。

 

 

1,ECCジュニアより月謝が1000円高い

2,歌で英語を覚える特徴的部分

3,共通点は、CDをつかうということ

 

 

教材に関しては、両方にいえますが、
特に、これ!という教材はないようです。

ヤマハ英語教室の費用面

ヤマハ英語教室の月謝は、6,500円(税抜き)の
費用がかかってきます。

税込みだと、施設費を含めて7,500円となっています。

ヤマハ英語教室の内容

実際にヤマハは、ピアノ教室でも有名ですよね!
だからこそ、歌で覚えることが主体となっているのだと思いますが、
基本的に、「ネイティブ環境はどうなんだろう・・・」
という疑問が残ります。

 

実際に活用している様子は、公開されているところが少ないですが、
ヤマハイングリッシュアカデミーというものが、
6歳から対象で、サービス提供されています。

 

実際に、13,000円~という月謝と、
教材費が、年間5000円ほどかかってきます。

ヤマハ英語教室の狙いはそこで、実際に慣れてきたら、
ネイティブの先生から学ぶために、イングリッシュアカデミーへの
入会ということが、目的でしょう。

 

ですので、英会話を効率的に学ぶのであれば、
最終的にイングリッシュアカデミーへの入会を視野に入れておく必要があります。

月間で、14,000円、年間で、教材費を含め約18万円ほど、費用がかかります。

ECCジュニアの詳細とサービス内容や料金は?

ヤマハ英語教室とeccジュニアで迷う?判断基準と正しい英会話教室選び

 

ECCジュニアの特徴的部分としては、
ヤマハ英語教室との違い、共通点は下記の3つのポイントがあります。

 

 

月謝はヤマハより1000円安い

マチのお医者さん的存在

月謝は基本的に比較対象とならない

 

 

ということが、まずいえますね。
さらに、特徴的部分をまとめますと、マチのお医者さん的存在
というのが、大きなポイントとなります。

ECCジュニアの費用面

教材費などもないことが多くありますから、
月にかかってくる費用としては、6480円。
これだけの費用で、英会話体験ができるわけですからお得です。

ECCジュニアの内容

実際に、ECCジュニアにおいても、
教材費がない状況であることが多く、費用面では良心的です。
ただ、考えておくべきことは、ヤマハ英語教室と、一緒の部分
があるということです。

 

 

「ネイティブオンラインコースがあるということ」

 

 

つまり、ECC英会話は、マチのお医者さん的存在です。
ネイティブ講師がほぼいない状況ですし、多くの講師は、
主婦の方が、実施している状況となっています。

自宅で完結する、ECCジュニアの講師ですから、やりやすいんですよね。
ですが、費用面が安いので、ECC英会話は、次の手を打っているわけです。

 

オンラインで、完結するネイティブ講師の受講講座ですね。
これを受けるとなると、月謝で約1万円、年間で、教室と合わせると。
約20万円近く、費用がかかってきます。

いずれにしても、しっかりと英語教育環境を整えたい。
という方にとって見れば、総合的に、年間20万円ほどの費用がかかる。

 

という風に考えておく必要があるということです。

どんな考えで、子どもの英会話教室選びをすればいいのか

ヤマハ英語教室とeccジュニアで迷う?判断基準と正しい英会話教室選び

 

実際に私が英会話講師として働いてきて、
第一に、思うこと、それは、、、。

 

 

 

「入会してくる方は、企業の情報に流されすぎているなぁ」

 

 

 

と思います。
教材費が高くても、安くても、かからなくても、
結局のところ、しっかりと英会話環境を整えようとしたら、
費用面では、さほど変わりないんですよね。

トータルで考えれば。

 

 

 

“年間にして最低でも20万円かける”

 

 

 

ということで、大抵の場合は、
ネイティブ環境下で、英会話を学ぶことができる場合が多いんです。

にも関わらず、目先のお金だけが気になって、高額教材を
避ける傾向にあります。

 

ですから、私は教室選びで迷っている方には、
必ず下記のようにお伝えしています。

 

 

 

◯教材が高い教室も見るべき

◯見学して子どもの様子を観察してみること

◯親子で楽しめそうなら、検討もありか?と考える

 

 

 

まずは、ネット上や、近所の口コミなど、
気にせず、自分の目で確かめることが必要ということです。

年間の費用としては、基本的にあまり変わりがない。
英会話教室ですから、しっかりと子どものために最善の判断をする。
そういった意識が重要ということですね。

 

私が、まずオススメしている英会話教室として、
見学をまずすべき!と言うものがあります。

 

この機会に、そちらの内容も参考にしてみてはいかがでしょうか。

では、今回は以上となります。
アオイでした^ー^

kizi

英会話教室&環境ランキング

 ペッピーキッズクラブ教室見学

 

ranking01

ペッピーキッズクラブは、費用面、教材費で、酷評されることがありますが、私の場合は視点が違います。どの英会話環境でも、それなりに費用がかかるものです。だったら、様々な英会話教室を見学した方がいいことを、レビュー内容で理解できます。

レビュー詳細

 

 セブンプラスバイリンガル

 

ranking02

この内容は、教材についてですが、実は、教室と同じくらいの費用をかけることで、得られるメリットが存在する。ということを、確認できる教材になっています。

レビュー詳細

 
 セイハ英語学院

ranking02

セイハ英語学院は、CMでも、有名なアレ(笑)が私のツボです^^ 基本的には、他の教材や教室と、変わりない状況ですが、基本的な視点は、多くの場合、共通点があります。それらの内容を確認できるレビューを下のボタンから、確認できます。

レビュー詳細

ランキングサイト

コメントを残す