せどりすとプレミアム月額費用のコスパは低い?僕だったらこうする

店舗せどりで稼ぐなら
「仕入れ金額から、利益と売れる時期のデータを抽出するツール」
は使っておきたいものですね。

ただし、「ずーっと、店舗せどりで稼ぐなら」の話ですが……

あなたが最終的に「ネット仕入れをして稼ぐことを目指しているならば…」今回の内容を参考にできると思います。

せどりすとプレミアム月額費用のコスパは低い?僕だったらこうする

今回の記事は「ツールの月額費用対効果を考えたら別の道を目指した方が良いのでは?」と思える実体験があったため、書かせていただくことにしました。

というのも、せどりは利益率と額が低くなる傾向にあるため、ツールに支払う月額費用が利益を圧迫させてしまう可能性が高すぎるんですよね。

せどりすとプレミアムの基本情報としましては、

月額費用:5,000円(税抜き)
初期費用:5,000円(税抜き)

このような感じで、サブスクリプション形式の料金形態となっており、年間6万円(税抜き)のツール代金がかかるわけです。

これは、僕がブランド品転売で使っているインターネット古物市場の年会費は倍以上払ってますけど、その分、コスパが高い。で、ここからが重要で……

  • せどりはどのくらい稼げるの?
  • ブランド品はどのくらい稼げるの?


ここが考えるべきところですね。じゃあ、僕だったらどのように考えるのか、一緒に学んでいきましょう。

せどりはどのくらい稼げるの?

ここで示す情報源は月30万円稼いでいる知人からいただいたものです。

あくまでも僕はブランド品をメインに稼いでいるため、せどりはやり込んでいませんからね。では知人が提供してくれた情報を確認しましょうか……

仕入れに関する考え方
店舗仕入れは「仕入れができない、利益の出る商品が見つからないということはあり得ない」必ず仕入れられる。
ただし、利益額は「1品数百円のものばかりが8割以上である」とのこと。

月30万円稼ぐためにやっていたこと

 ・在庫ストック数は常に200程度
 ・仕入れは友人と協力していた
 ・販売個数は月間150品程度
 ・1品あたりの平均利益は2,000円程度

という情報であり、多くのせどり実践者はこのような数字になることが多いようです。

おもにせどりすとプレミアムを使ってリサーチを行い、併せてkeepaなどの有料ツールを使う感じですね。ってことはですよ。

月に5,000円から1万円程度ツールにお金を払って、30万円稼げるってことですね。ただし悩みどころは「商品がすべて売れる訳じゃない、不良在庫を抱えてしまう」というせどりのデメリットがあることから、

投資した仕入れ額がそのまま戻ってくるわけじゃない……すなわち、月30万円稼いでいると錯覚している状態が問題点です。

ブランド品はどのくらい稼げるの?

ここからは、僕のデータをもとに比較していきます。

ブランド品転売に使っている費用と稼げている金額は下記になります。

仕入れに対する考え方
仕入れは主にネットで行い、店舗仕入れは行わない。平均の仕入れ額がせどりよりも高くなる傾向であるが「商品の売れ残り、不良在庫はない」特徴がある。

月100万円稼ぐためにやっていること

 ・月間仕入れ個数はおおよそ200個
 ・1品平均の仕入れ金額はおおよそ2万円
 ・1品平均の利益は5,000円

対して、古物市場に支払っている月額会費等(年間トータルの会費から12ヶ月で分割)

 ・古物市場A・B・Cの月額:11,800円(税込み)
 ・年間費用:141,600円(税込み)

つまり、月間たったの11,000円程度の投資で月100万円稼いでしまっているわけです。

さらに重要であることは「売れ残りが存在しない」という部分です。仕入れに投じたお金が戻ってこない「損をする」こと自体ありえないんですよ。

【結論】コスパがいい自己投資をせよ!

今はせどりすとプレミアム単体で利益を出すことは不可能です。ということで、月額1万円程度の自己投資が必要なわけですが……

費用対効果の高い自己投資はどちらだったでしょうか。
特に、あなたが今もせどりをやっているならば…どう感じましたでしょうか。

  • ネット仕入れを最終的に目指したい
  • 仕入れが高単価と感じても不良在庫を抱えたくない
  • 仕入れに投じたお金は損することなく戻ってきてほしい


そう感じるのであれば
「本当にせどりをこのままやっていてもいいのか」
「ツールに月額費用を1万円以上当時続けても良いのか」

本当にコスパのいい自己投資とはなんなのか、考える良いきっかけなのではないでしょうか。

今回の記事を参考にしていただければ幸いです。
高橋でした。